読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 5-32. 170426

5-32. 走り出すにはブレーキを外す

 

 

この記憶装置に溢れるばかりの

「平和に満ち足りた情報」や

「戦争の悲惨さを示す情報」は、

その人の

潜在意識にも記憶されていきます。

 

そして、感情もこれに

引っ張られることになります。

 

このことを、

エネルギー的な視点で

捉えると

どういうことが

起きているのでしょう?

 

 

全体的に観てみれば、

アクセス数の多いサイトが

力を増していきます。

 

平和を望む人が多いと、

平和なサイトが力を増して

その様な情報がネット上に

溢れかえります。

 

戦争を反対する人が

多ければ、

悲惨なニュースや

眼を覆いたくなるような

画像がネット上に溢れかえります。

 

 

それぞれに、フォーカスを向けたものが

エネルギーを増大させて、

より力を付けていくという事が、

現実の世界でも起こっていきます。

 

 

平和な記録を集め続ける

人の元へは

同じ周波数の人々が集い

 

悲惨な記録を集め続ける

人の元へも

その人と同じ周波数の人々が集います。

 

周波数が同調して

共鳴するのです。

 

例えばモノで説明すると

携帯電話は、

ある周波数を飛ばして

ピンポイントでその電話番号を

持っている友人と繋がることが出来ます。

 

その周辺の友達や、

その友人の家族が持つ

別の携帯電話に

間違って繋がるなんてことは

万に一つも

ありませんよね。

 

その着信のあった携帯電話に

別の人が出るという事は考えられますが。。。()

 

 

つまり、

同じ周波数に共鳴して

受信する仕組みは、

物質レベルや、

製品レベルでも

既成の事実となって完成しています。

 

 

では、

同じベクトルに向かっているように

観えたこの両者。

「平和を望む人」と

「戦争に反対の人」とは

何が違うのでしょうか?

 

 

分かり易く言うと

「平和を望む人」は

アクセルを使っているのです。

 

「戦争を反対する人」は

 

抑止力と言う名のブレーキを

使っているのです。

 

 

このことから、

言葉の使い方である「言霊」や

ポジティヴ思考が

支持される基となっている

のは簡単に理解できると思います。

 

 

ただし、ここで一つ

大きな落とし穴があるのです。

 

 

現実的な問題として

ポジティヴシンキングに成ろうとして

なれない人の方が

多いですよね。。。。

 

何故でしょうか?

 

それは、

ポジティヴになろうとして、

ブレーキを掛けたまま

頑張ろうとしている事が多いのです。

 

動き出す前は、

アクセルよりブレーキの方が

強力です。

 

 

仮に、そのまま走り出せたとしても

ブレーキが掛ったままでは

車を例に出すまでもなく

壊れてしまいます。

 

身体も同じで、

壊れてしまいます。

 

アクセルを踏む前に

ブレーキを離す。

 

車の運転の基本中の

基本ですよね。

 

こんな基本を

心が簡単に出来ないのは、

そのブレーキが、

思い込みや、基本ソフトである

潜在意識に入ってしまっているから

なのです。

 

新しい物事に対して、

常に用心深く、負の側面から

観る様な習慣。

 

この固定概念や、

行き過ぎた思い込みを

はずして、

ブレーキを離さないと

走り出すのに大きな

負荷が掛かってしまいます。

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170426062002j:plain

『人間道楽』 5-31. 170424

5-31. 心の抵抗

 

量子ちゃんは、

常に動き

変化し続けています。

波の性質から考えると

当然ですね。

 

人の心も、

移ろい易いものです。

 

 

ですが、

新しい物事に対しては、

常に用心深く、負の側面から

観る様に習慣付けられている

ことが多いのです。

 

 

固定概念は、

真実をも抑え込んでしまいます。

 

地球が自転していて

太陽の周りを公転しているという

太陽中心説を提唱した

アリスタルコスから

 

コペルニクスが再び太陽中心説

唱えガリレオニュートン

完璧に星の動きを説明できるまで

氣の遠くなるような時間が掛かっています。

 

そして理論的に説明が出来てからも

人々に受け容れられて

常識だと認識されるまでに

更に多くの時間が必要でした。

 

 

これは、人の脳の働きです

人の脳は

自分の理解の範囲を超えると

感情を伴った理解が

出来難くなります。

 

そうすると、

その情報自体を排除する

方向へエネルギーを

使おうとします。

 

感情がブレーキをかけて

前へ進むことを拒むのです。

 

蒸気機関車や、

飛行機が発明された時も

心の抵抗がありました。

 

今では、

航空力学を

知らない人でも、

快適な空の旅は

出来ますね。

 

量子力学もしかり。。。

 

そして、

便利なコンピューターも

使い方ひとつで

見える世界が変わってきます。

 

 

一つ例を上げて、

観てみます。

 

「平和を望む人」と、

「戦争に反対の人」が

居るとしましょう。

 

この二人は

客観的に見ても

ベクトルは同じ方向を

向いています。

 

でも、結果はどの様に

違ってくるでしょう?

 

それぞれの人が

心の赴くままに

インターネットのサイトに

アクセスしていき

 

思い思いの情報を

集めていきます。。

 

そうすると、

どういう結果が得られるでしょうか?

 

 

平和を望む人は

世界中の美しい自然や

平和に満ち足りた家族の画像。

そして、平和なお話しや、

 

心が温まる美談などを集めて

記憶装置は、平和な事で一杯に

溢れかえります。

 

 

一方、戦争に反対する人は、

戦争の悲惨さを物語るお話しや、

眼を背けたくなるような

画像で記憶装置は一杯になります。。。。

 

 

そんなバカなと思うかもしれませんが、

戦争の悲惨さを示すことが

よりインパクトのある

抑止力に繋がると信じているのです。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170424062433j:plain

『人間道楽』 5-30. 170420

5-30. 量子ちゃんの恩恵

 

 

ここで考えていただきたいのが、

その恩恵を授かっているのは

誰かと言う事です。

 

その恩恵にあずかっているのは

量子を始めて世間に

広めたプランク博士でしょうか?

 

高名な、物理学者のアインシュタイン博士

でしょうか?

 

それとも、どこかの王族でしょうか?

 

答えは、簡単ですね。。。

 

今、生きて それらの製品を

使っているあなた自身ですよね♬

 

100年以上前のプランク博士の

時代には、当然 優秀なコンピューターも

スマートフォンも存在していませんでした。

 

仮に、コンピューターが

出来ていたとしても

 

今の様に、インターネットを

始めとする環境が構築されていなければ

コンピューターは賢いただの箱だったでしょう。

 

 

そして、今の時代でもコンピューターを

使わなくても生活は出来ます。

 

コンピューターは苦手と

言いながら

毎日、スマホの画面を

スクロールしている人が居ます。

 

また、コンピューターを介した

お付き合いは、嫌いという理由で

コンピューターを使わない方も、

いらっしゃいます。

 

それぞれの生き方ですね。

 

どっちが、偉いとか

決める必要はありません。

 

ただ間違いなく、

今の時代にコンピューターを使うことで

自分の世界は広がっていきます。

 

心を開くとは、

今までに眠っていた

スイッチをONにすること。

 

ある意味、コンピューターのスイッチを

入れる事にも似ています。

 

勿論、コンピューターを使わない方が

心が閉ざされているという意味では

ありません。

 

ただ、自分の可能性を

制限してしまっているという事は

言えると思います。

 

 

コンピューターを

使っていることを前提に話を

進めます。

 

 

例えば、インターネットにフォーカス

を当てて観てみましょう。

 

インターネットを使えば

今や、世界中の人と

リアルタイムで

繋がることが可能ですね。

 

そして、いろんな情報を

集めることが出来ます。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170420062510j:plain

『人間道楽』 5-29. 170415

5-29. 半導体とは

 

眠たいお話の続きです。

半導体は、

電子頭脳の基となっています。

 

どの様に使われているか

簡単に ご説明させていただきます。

 

 

半導体は、

導通している状態と

絶縁している状態の

 

2つの状態が作れるわけです。

 

電氣を流している状態と

電氣を遮断している状態ですね。

 

つまり、開いた状態と

閉じた状態の2種類です。

 

その状態を、人が分かり易いように

 

「0」   と「1」として表しています。

これが一つで1bit(ビット)

二つで2bit

 

だから2bit

00」「01」「10」「11

4通り

 

32bitコンピューターでは

2を32回 かけますから。。。

4,294,967,296通り

 

で、「,」が右からK(キロ)

M(メガ)、G(ギガ)となるから

約4G通りとなるのですね~。

 

  これで2進数の頭脳の

出来上がりという訳なのです。

 

そうです、

コンピューターの頭脳は、

「オープン」か「クローズ」か

だけで、出来ている単純で

分かり易いツクリなのです。

 

量子ちゃんの、

導く通りに作り込まれた

コンピューターは

思った以上に簡単でしょ。()

 

量子ちゃんエライ!

量子ちゃんヤッタ~!!

 

とは言え

まだ一般化されていませんが

量子コンピューターというのは

この1bitが2通りではなく

複数の状態を作り出せる

 

とんでもない代物です。

 

まぁ、このお話は置いといて~。。。。。

 

 

ここで、思い出していただきたいのが

人の心も、

開いた状態と、閉じた状態が

意識的に、つくれるという事です。

 

そして、人も突き詰めていくと

量子によって作られています。

 

 

心の眼を開く

というのは、

出来ない人にとっては

凄く難しいことの様に

感じるかもしれません。

 

でも、出来るんです。

自分を受容して

エネルギーを取り込んで

今を感じる。

 

そうすれば、

観える世界観は変わってきます。

 

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170415072238j:plain

『人間道楽』 5-28. 170410

5-28. 量子ちゃんの功績

 

 

では、量子力学が、

どの様に今の生活に

関わっているか

 

簡単に説明したいと思います。

 

量子力学の功績として

一番大きなものは

何といっても

半導体技術」です。

 

聞きなれた言葉ですが

今まで素通りしてきた

難しい言葉が出てきましたね。()

 

半導体。。。。

 

これは、対局の状態を書くと

納得できると思います。

 

 

「導体」は、電線などの電氣を良く通す

物質です。

 

多くは、銅などが用いられていますね。

 

金(キン)なども電氣をよく通します。

。。。でも価格が高い!

 

「絶縁体」は、

陶磁器など。

平たく言うと、お茶碗とかですね

これは、

非常に高い電圧を掛けなければ

電氣を通しません。

 

 

その中間に位置する

半導体」は、

シリコンなどで

f:id:umemoto26satoshi159:20170410065443j:plain

ある条件を与えてやると

「絶縁体」が「導体」に

 

変化するのです。

 

つまり、

あらゆる物質の元素

の振る舞いを

量子ちゃんが、

実に明快に

はじめて完全に

言い当てました。

 

「元素」。。。。

 

また、懐かしい文字が

出てきましたね。

 

カガクは、カガクでも

バケガク(化学)の方ですね。

 

当然です。

 

量子ちゃんは、

全ての自然の根本なのですから、

人間の方が、都合で科学や化学

といったジャンルに

分けているだけですね。

 

ちょっとだけ、

「元素」を思い出してみてください。

 

元素記号」。。

あるいは「原子記号」。。。。

 

意味も中途半端に

丸暗記しませんでしたか?

 

Hは水素、Heはヘリウム

Liはリチウム。。。。

 

まとめて「スイヘーリーベ。。。。」()

 

「化学」もまた、

量子ちゃんの手によって

量子化学」として発展してきました。

 

これを基にして、

半導体技術は確立されたのです。

 

朝から、眠たい話でゴメンナサイ。。

 

もうちょっと、半導体のお話に

付き合ってくださいね。。()

 

 

『人間道楽』 5-27. 170407

5-27. 全ては互いに影響している

 

 

全ての事柄は、

直線的に

影響しているのではなくて

 

相互に、なんらかの力で

関わり合って影響し合って

います。

 

 

環境には、

複雑な相互作用が

働いています。

 

少し、分かりにくいですね。

説明の仕方を

替えてみます。

 

 

例えば

湖に向かって

石を投げたとします。

 

ニュートン力学を始めとする

古典物理学では、

直線的な関係性にだけ

注目します。

 

手から離れた石が

空中で弧を描き

入水する時に

水面(みなも)に波紋を起こし

湖底に沈んでいく

といった感じです。

 

 

量子力学の観点では

全体的な捉え方をします。

 

空中で弧を描いた石は

入水する時に

 

湖面全てに影響を与えます。

 

波紋と言う形で

その水面が繋がっている

隅々まで時間をかけて影響します。

 

湖面は表面的な

事柄ですが、

水中にも振動として波動は広がります。

 

石が入水する時の

波動は、空中にも広がります。

 

空気を振動させ

音となってその波動は

広がりを見せます。

 

魚たちはふためき

飛んでいる鳥たちは

身をひるがえします。

 

 

全てが、一体と考えることで

人の意識を超えたところまで

影響を与えあっているのです。

 

 

えっ!

更に分かりにくくなりましたか。。。。?()

!!(?_?;)

 

 

幼い日に、親や先生から

褒められたり 怒られたり、

した経験は、

褒められたり 怒られたりした

その子にだけ、

影響を与えると考えると

 

物事は、直線的に影響して、

一対一の関係性で閉じられてしまいますが

 

 

実際には、その周囲に居た子たち

全てに影響を与えています。

 

当事者でないほど、

印象は薄く、

残った記憶は

潜在意識の底に

沈殿したりします。

 

人の身体には、

「血」と「氣」と「水」

が循環していて

それぞれに経路を持っています。

 

血は、栄養を循環させ

氣は、エネルギーを循環させ

水は潤いを運んでいます。

 

全ては、互いに影響し合い

支え合っています。

 

どこかの経路に滞りや

停滞が起きると

 

身体の部位の

違和感として

意識に上がってきます。

 

 

この時に、

直線的な対応をするのは

対症療法となります。

 

違和感のある部位のみを

注目するのは

根本療法ではありません。

 

根本原因を改善しない限り

対症療法では

違和感は場所を変えて

出続けることになってしまいますね。

 

現実に根本の要因は

意識の外にあったりすることも

稀ではありません。。。

 

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170407065515j:plain

『人間道楽』 5-26. 170404

 

5-26. 心のコートを脱ぎましょう

 

 

春になって、

周囲が暖かくなっても

コートを脱いで

春の装いに着替えないと

 

楽しいどころか、

辛いですよね。

 

いくら、お氣に入りの

着慣れたコートであったとしても

 

感謝して、

冬物のクローゼットに

収納しますよね。

 

着るモノなら、

そうやって対応するのに、

 

心は、どうでしょうか。。。。?

 

心では、このコートの事を

「固定概念」と言います。

 

行き過ぎた思い込みや、

執着心ですね。

 

それに氣付いて

手放す。

 

あなたの中で

新しい価値観に

目覚めたなら

 

その価値観に

上書きしましょう。

 

もう、春ですよ♬

 

ノイズは、

綺麗にフィルターに掛けて

 

あなたの氣にいった

春の装いに

着替えても良いのです。

 

身軽になって、

心に潤いを取り戻しましょう。

 

心の中で「~~するべき」とか

「~~しなければいけない」とかの

思いが浮かんできたら

 

どうして、そう思うのか

誰が、そう言ったのか

問いただしてみてください。

 

 

あなたは、

あなた自身の真の内からくる

声のみを恐れ

それに従えば良いのです。

 

過去の誰かさんが

言った言葉に振り回されるのは

もう、やめませんか?

 

心を開き。

今を感じて。。

自分の心に対して誠実に向き合う。。。

 

春は、楽しまなくっちゃ♬

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170404064459j:plain