読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 6-6. 170523

 

6-6. 心のエネルギーは有限ですか?

 

それでは、量子ちゃんに

再び登場して貰って

 

エネルギーを用いて、

この

羅針盤へ向かっている時」と

羅針盤を無視している時」

の状況を解説してみます。

 

潜在意識からは

常に浄化された新鮮な

エネルギーが

無限に溢れてきています。

 

羅針盤の指し示す

方向へ向かっている時には

そのエネルギーを直接

受け取ることが

可能なのです。

 

そうです。

無限で新鮮な溢れ出すエネルギーは

自分の潜在意識。

 

つまり、自分の内側から

受け取ることが可能なのです。

 

 

ですが、羅針盤を壊してしまったり

羅針盤を無視した場合は、

新鮮なエネルギーを受け取ることが

出来ません。

 

この場合、エネルギーは

有限なモノと思い込んでしまうのです。

 

 

即ち、

エネルギーは間接的に

受け取るものだと

思い込んでいるのです。

 

心のエネルギーは、

人から与えられるか

奪い取るものだと思い込んでしまうのです。

 

心のエネルギーが有限であると考えてしまうと

いろんな弊害が起こってしまいます。

その言動は、

他人のエネルギーを奪い取ったり、

他人のエネルギーを搾取する行為を行います。

 

一見、異なる様に見えますが、

実はどちらも、同じ思い込みが原因です。

 

他人のエネルギーを奪い取る人は、

分かり易いかと思います。

 

恐怖を基にした怒りの表現や、

相手を不安な氣持ちにさせて、

その方のエネルギーを奪い取っていくのです。

 

他人のエネルギーを搾取する人は

常に自分が、被害者である必要が有ります。

 

同情や、憐みのエネルギーを

搾取していくのです。

 

人によっては、両方を使い分けて

自分のエネルギーを増やそうと

している方も見受けられます。

 

エネルギーが有限だという思い込みから、

澱んだエネルギーでも

奪いとったり、搾取したりするのです。

 

このメカニズムは、

驚くほど簡単です。

 

幼少期に受けた

心のキズが原因なのです。

 

自分の世界の殆どが

親であったころに

様々な理由で、

心にキズを負ってしまいます。

 

そのキズは、

自分でも許しがたいモノとなります。

 

何故なら、それを持っている自分を

他人に知られると、

 

本当の自分を見せてしまうと

自分は全ての人から見捨てられると

いう恐怖から来ています。

 

幼少期の親との繋がりは、

それ程、繊細で重要なものだと

ご理解ください。

 

自我の分離意識は、

この事で、

自分の内面にも 分離意識を

構築してしまいます。

 

ありのままの自分を愛するという事は、

内面の分離意識を解き。

自分そのものを、受け容れるという事です。

 

自分の中の、分離意識は

分離してしまった部分が、

常に欠乏していると自分に語り掛けてきます。

 

その欠乏感を、自分の外にある

モノや、人間関係で埋めようとしても

 

埋まるハズが無いのです。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170523065243j:plain

『人間道楽』 6-5. 170517

6-5. 自我の羅針盤

 

自我は、元々 分離意識を育みます。

これは、自然の摂理として捉えることが出来ます。

 

ですから自我により、

己を個として認識する事になりす。

 

「あなた」が居て「僕」が居る。

と言うことですね。

 

 

ここでは、

自我を、個としての意識。

として

 

自我の中の「エゴ」を、利己的な意識。

として区別して説明を進めていきます。

 

個である自我は、自由な意識です。

 

それ故に、自然の摂理から

離れた動きも

可能となるのです。

 

これは、物心がついてから以降の

人間だけが与えられた

特性と言えるでしょう。

 

そうです。

つまり人間だけが、自然の摂理

従わない行動がとれるのです。

 

 

では、自然の摂理とは

この場合

何を意味するのでしょうか?

 

自我は、帰巣本能の様な

行き先を常に指し示す

羅針盤(方位を示すコンパス)

を持っています。

 

自然の摂理とは、

その羅針盤の指し示す方向へ

向かっている事であり。

 

その羅針盤の針は自分の

潜在意識の方向を

常に指し示しています。

 

 

簡単に表現すると

人生とは羅針盤を一つ持って

大海原で航海している様な

ものと捉えることが出来るのですね。

 

 

エゴの状態は、

羅針盤が、見えていても

そこには行きたくないと

無視している状態

と考えてみて下さい。

 

羅針盤の方向に

向いている時と

エゴにより羅針盤に従わない

方向を向いている時には

 

見える景色が異なっているのです。

 

羅針盤の方向を向いている時だけ

「有難い」と言う景色が観えてきます。

 

 

それ以外の方向を向いている時には

「当たり前」の景色が見えるのです。

 

当たり前の景色とは

 

身近に有るモノは、全て当たり前なので

無いものに意識を向けて

しまいます。

 

つまり、常に欠乏感に

さいなまれる航海を強いられる

ことになるのです。

 

この欠乏感から、

他者との比較にフォーカスします。

 

それは、

上下関係であったり。

主従関係。

優劣。

善悪。

損得勘定。

格差。

争いや、戦争。

……などなどになります。

 

 

これらの根底には、恐怖と言う感情が横たわり

そこから、いろんな二次的な感情が

生まれてきます。

怒りや、不安、恨み、嫉妬、後悔……

 

といった感情が次々と生まれてきます。

 

まるで、パンドラの箱の蓋を開けたような

世界が拡がるのですね。。。。()

 

これが、悩みの根源です。

 

 

舳(ヘサキ)を羅針盤に従って

進路をとってみると。

 

そこで観える景色は、

今の自分が如何に、

恵まれているかと言う事を

思い出させてくれます。

 

ですが、舳を潜在意識の方向へ

向けるという事は、

自分の心のキズと向き合うことに

なります。

 

 

そうなのです、嫌な自分と

向き合うことが

羅針盤に従う事になるのです。

 

だから、多くの人はエゴの中に

留まり続けようと

してしまうのですね。

 

 

そんな人々の中から

半強制的に、

羅針盤に従わざるを得ない

状況を実現させる方が現れます。

 

それは、命と向き合った方々です。

 

自分の命の有効期限を

宣告されたり、

 

大切な方の命と

離れなければならない経験をした方などは、

 

自分の嫌いな部分など

些細な事と捉えることが

出来るようになります。

 

そんな方と、お話しをすると

言葉に感情どころか

命を載せて届けてくれます。

 

 

命と向き合った方の

言葉は、

命と向き合って受け取ってください。

 

そうすれば、

この世界に、何一つ当たり前のモノなど

無いという事が、腑に落ちてきます。

 

身近なことなら、

呼吸ができること。

目が見えること。

指先一つ動くことまで

感謝の氣持ちが

湧き上がってくるはずです。

 

 

そうすると、

今いる世界が、全て違ったものに

観えてきます。

 

まるで、モノトーンだった

世界が、一氣に色彩を帯びたような

感覚を掴むことが出来るようになるのです。

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170517060233j:plain

『人間道楽』 6-4. 170513

6-4. 大切な自己受容

 

自己受容(じこじゅよう)という

言葉を聞いたことが

あるでしょうか?

 

自分を受容する。

 

ありのままの自分を

ジャッジを外して

受け容れること。

 

と読めます。

 

この自己受容が

凄く重要なのですね。

 

なぜなら、自己受容は

潜在意識と繋がる

鍵となるからです。

 

 

自分に100点満点で

点数を付けてみてください。

 

今のご自分は何点ですか?

 

 

よく、聞くのは

 

コノ資格を自分は持っていないから。とか

自分は、アレが出来ないから。とか

 

あんなモノを持っていないから。

とかの条件をつけたり

 

自分には、肩書きがないから。。。。

 

などで自分の点数を減点

する人が居ます。

 

これは、大きな勘違いなのです。。。

 

 

では、自己受容を

僕なりの解釈で

なるべく分かり易く

説明してみます。

 

自己受容も自然の摂理

則ると実に、シンプルなのです。

 

 

 

僕たちは、

自分自身が大好きな状態で

この世に生を受けます。

 

ですが、

人の脳はまだ未成熟のままです。。。。

 

この未成熟な人の脳には、

その時代に、その地域で

生きるために

基本のソフトである

OSオペレーティングシステム)が必要です。

 

そのOSは、

主に育ててくれる両親から

受け継ぎ、構築されていくのです。

 

 

親は、理屈で育てますが、

まだ、人の脳が成熟していない

赤ちゃんや、幼い子は

それを感情として受け取ります。

 

この事を通して、

鏡の法則に従って

自分というモノが

どういうモノかと言う事を

認識していくのです。

 

これが、人の脳にだけ構築される

「自我」です。

 

自我とは、分離意識です。

 

非常に巧妙で繊細に作られた

自我は、自分と他者とを

分けて考えることが出来る

優れた機能を持っています。

 

自我は、多様性を産みます。

自我は、時空を越えることが出来ます。

 

そして

それぞれの個性で、

この世界を彩ります。

 

いろんな花が有る様に

桜は、桜の花を咲かせ

梅は、梅の実を実らせる様に。

 

あなたは、あなたのままで良いのです。

 

人にだけ、与えられた自我は、

いろんな繊細な感情を

産み出していきます。

 

 

 

では、この自我が形成される

メカニズムを観てみましょう。

 

 

たとえば、

動き回れる様になった

幼子は、危険というモノを

知りません。

 

親は、我が子を危険から遠ざけようと

我が子に 言って聞かせます。

「道路に急に飛び出したらダメだよ」って

 

でも、まだ感情でしか受け取ることの出来ない

幼子には理解できません。

 

そして、

やむを得ず、感情を使ったり

身体に教える親も出てきてしまいます。

 

「あんなに、道路に飛び出したらダメって言ったのに!

飛び出して、危ないって言うことが分からないの!!

 

はい。。。危険が分からないから飛び出すんですね。。。。()

 

 

この様な事が、子の心にキズとなって

残っていってしまうのです。

 

あまりにも大きなキズは、

無かったことにして

潜在意識の奥深くに蓋を

して閉じ込めてしまいます。

 

 

そんな風にして出来た、

心のキズは、

いつしか自分の事が

大好きだったことを

忘れさせてしまうのです。

 

 

そして

自分を好きになる事を

義務感で実行しようとすると

 

先に書いたような

資格や肩書きなどの、条件付けが必要だ

といった、

勘違いが産まれてきてしまうのです。

 

つまりは、自分にはそのままでは

価値が無い。。。。

と言う思いに囚われるのです。

 

 

これが、自我から派生した「エゴ」の正体です。

 

 

潜在意識は、

常に潜在意識の方へ、

氣付いて 向き合うように

呼びかけて、働きかけてくれています。

 

 

ですが、その呼びかけは

まず、自分のキズを直視させる事に

なるのです。

 

 

キズとは、好きだった自分を

忘れさせた、自分自身の

イやな部分です。

 

キズを

自分自身の最も嫌いな所と

ジャッジしてしまっているのです。

 

 

多くの人が、エゴの方へと

流されて行ってしまうのは

 

潜在意識の方へ

向き合うと

嫌いな自分を直視しなければ

いけないという「思い込み」から

きています。

 

 

あなたに与えられた

素晴らしい人の脳で

考えてみてください。

 

 

自分自身を好きになるのに

資格や、条件付け。

ましてや肩書きが必要でしょうか?

 

いいえ、その前に元々が大好きだった

自分自身です。

好きになる必要もないのです。

 

ただ、

思い出してください。

自分自身が、大好きだった事を

 

そうです。

自己受容とは、

言い換えると、

自分自身を大好きだった

事を思い出すだけ

 

。。。ただ、それだけなのです。

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170513082713j:plain

『人間道楽』 6-3. 170509

6-3. 鏡の法則

 

鏡の法則と言うのを

聞かれたことが有るでしょうか?

 

無意識でしている事や

当たり前と思い込んでいる事柄には、

実に怖い結果を 

もたらすことが含まれています。

 

でも、自分の顔は

鏡で見ないと分からない様に

 

自分の思い込みは、

他人の言動を通して

あなたに氣付きを与えてくれます。

 

 

例え話をしてみます。

 

こんな会社が有ったら

あなたは、どう思いますか?

 

社員をモノの様に扱い

1日 24時間

寝る時間も与えず

休みなく働かせる。

 

社員に

休日はありませんが、

社長は、暦通りに休みを取っています。

 

とうとう、社員の一人が

身体が動かなくなって

病院へ行きたいと言い出しました。

 

社長は、この時ばかりは

大変だと病院へ連れて行き

点滴や、投薬による

治療を受けさせました。

 

病院へ連れて行ってくれた

所までは良かったのですが、

 

日頃の働きに対する

感謝の言葉もなく。

身体が動かなくなるまで

働かせていたことに

氣付く訳もなく。。

 

病院から帰るなり

病院へ行っていた

時間の分の仕事まで

取り戻して働くように

指示しました。。。。

 

 

こんな話を聞いて

あなたは、どう感じましたか?

 

よくあるブラック企業にしても

寝る時間まで与えないのは

酷いと怒りが込み上げてきたでしょうか?

 

そんな、人を人とも思えぬ

扱いをする社長の存在に

哀しくなったでしょうか?

 

そんな会社はさっさと

辞めてしまえと思った方も

居られるかもしれませんね。

 

 

でも、よくよく考えてみてください。

 

無意識にですが、

自分の身体に対しては

非情なまでに、

同じことを強いている方が

とても多いのです。

 

寝る時に、身体全身がリラックス

出来ているでしょうか?

 

日々、文句も言わずに

動いてくれている

筋肉や、各臓器などに対して

 

少しでも、労ったり

感謝の氣持ちを送ったりしているでしょうか?

 

自分の身体だから、

当たり前なんて思っていませんか?

 

身体の各部は、

会社の様に辞めるわけにはいきませんよね。

 

指示が有れば、

その通りに動き続けてくれます。

 

なのに、動かなくなると

さも、その部位が悪いような氣持ちが

湧き上がったりしてしまうのです。

 

 

先に書きましたように

各細胞レベルでも知性は有ります。

 

あなたは、あなたの細胞が喜ぶような

事をしていますか?

 

いつも動いてくれる

身体に労りや、感謝の氣持ちを

持って接しているでしょうか?

 

そんな指令を出した覚えが無い。

なんて思っていませんか?

 

でも、コリや疲れなどの

違和感のある感覚は、

身体からの信号なのです。

 

特に筋肉などは、

手を当てて意識的に緩めるだけでも

効果は有ります。

 

基本的に自分で作ってしまった

病気や違和感は、

自分で取ることが出来ると

思っています。

 

あなたは、少なくともあなたの

身体に対しては被害者では無く

加害者となる可能性が大きいと

言う事を考慮してみてくださいね。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170509054224j:plain

 

『人間道楽』 6-2. 170505

6-2. 身体への影響

 

身体で説明してみます。

 

自分の身体は、

自分の思い通りに

動いてくれますね。

 

ただし、脳の指令で動いてくれるのは

筋肉だけです。

 

それぞれの筋肉は、

伸びるか縮むかしか出来ません。

 

そして、脳の指令の中には

意識して動かすものと、

無意識で動かすものとに

 

分かれます。

 

 

ここで、無意識で動いている筋肉には

常にONの状態

 

つまり

縮む指令が出続けていて

緊張が解けない筋肉が

出来てしまっていることが

多いのです。

 

 

無意識で指令を出して居るので

自分では、分かりにくいですよね。

 

特に常にONの状態

なんて疲れてしまうのが

当たり前です。

 

心には、受容できる

容量というモノが有ります。

 

その容量を越えた時に

心は溢れ出た分を、

身体に流し込み 委ねます。

 

 

感情によってその部位は

決まっていて

 

四六時中、指令が出続けて

働き続ける筋肉が出来てしまいます。

 

一度、ご自分の身体をスキャン

(上から下まで確認すること)

してみてください。

 

コリや、疲れが残っている

部位は、ありませんか?

 

 

主な感情と部位の関係を

簡単に分かり易く説明します。

 

怒りの感情が多い方は、

 

頭から肩にかけてコリや疲れが

出てきます。

 

不安な感情が多い方は、

胃や胸の緊張感が

解けにくくなっています。

 

悲しみの感情が多い方は、

胸や呼吸器系が緊張しやすく

なっています。

 

言葉の感情表現を観てみても

分かり易いのです。。

 

「怒りで頭に血がのぼる」とか

「緊張で胃がいたくなる」とか

「悲しみで胸が張り裂けそう」

などの表現は、的をついている訳ですね。

 

 

身体は、実に正直に表現してくれます。

 

酷くなると痛みを伴って

あなたに訴えかけてきます。

 

そんな時に、身体の痛みと

向き合って真の原因を

探る努力をしているでしょうか?

 

多くの方が、

その場しのぎの薬などで

胡麻化しているのでは

ないでしょうか?

 

真の原因は、

多くの場合は、

環境の影響から来ています。

 

対症療法でなく

根本療法を考えるのであれば

 

広い視野で、

置かれた環境について

考えてみることが

大切だと思います。

 

身体の痛みは、

心を通じて環境や、

それに対する反応を

改善するように促してくれて

いるのですから。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170505084002j:plain

 

『人間道楽』 6-1. 170501

第6章

 

. 量子力学自然の摂理

 

6-1.量子から生まれた半導体

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170501074616j:plain

半導体の説明を

もう少し詳しくしていきます。

 

半導体素子の構造を

簡単に説明します。

 

半導体素子とは

電氣を通す

導体(電氣を通す物質)の間に

薄い絶縁体(電氣を通さない物質)が

サンドイッチされたものと

イメージしてください。

 

通常は、

絶縁体が挟まっているので

電氣の流れは起きません。

 

ですが、

ここに弱い電氣を通してあげると

この絶縁体の薄い壁は

飛び越えられて

大きな電氣の流れが出来ます。

 

呼び水や、さそい水の働きを

考えて貰うと理解し易いと

思います。

 

 

これが、半導体素子である

トランジスター」の働きです。

 

 

どういう作用が有るかと言うと

二つの大きな作用があります。

 

一つ目が、スイッチング作用

呼び水を流すか、流さないかで

トランジスターのONOFF

決めています。

 

二つ目は、増幅作用

弱い電氣で壁を超えると

大きな電氣を流すことが

出来ます。

 

 

このスイッチング作用と、

増幅作用は、

自然界にも応用が利きます。

 

もっとも、半導体素子自身が

自然の摂理を応用して

出来ているのですから

当然と言えば、当然ですが。。。。

 

 

 

つまり、

人の心がどのスイッチをONにして

どのエネルギーを増幅させるか

自由自在に選択できるのです。

 

自由自在に選択できるという事は、

その「やり方」よりも

心の「あり方」が重要となってきます。

 

間違ったスイッチをONにしてしまうと

そこに大きなエネルギーが

流れ込んできます。

 

それが、負のエネルギーで有れば

負の世界が現実に起こってしまう

と言う事です。

 

 

そして、

そのスイッチの選択権を

握っているのが

あなたの感情です。

 

頭の中で、どれほど強く願っても

現実化しません。

 

思考は、現実化しないのです。

その思考に感情が伴っていないと

現実化しないのです。

 

感情は、波動エネルギーの周波数です。

周波数を発信すれば、

その周波数が増幅された形で返ってきます。

 

自然の摂理は、実にシンプルに出来ています。

 

 

 

『人間道楽』 5-32. 170426

5-32. 走り出すにはブレーキを外す

 

 

この記憶装置に溢れるばかりの

「平和に満ち足りた情報」や

「戦争の悲惨さを示す情報」は、

その人の

潜在意識にも記憶されていきます。

 

そして、感情もこれに

引っ張られることになります。

 

このことを、

エネルギー的な視点で

捉えると

どういうことが

起きているのでしょう?

 

 

全体的に観てみれば、

アクセス数の多いサイトが

力を増していきます。

 

平和を望む人が多いと、

平和なサイトが力を増して

その様な情報がネット上に

溢れかえります。

 

戦争を反対する人が

多ければ、

悲惨なニュースや

眼を覆いたくなるような

画像がネット上に溢れかえります。

 

 

それぞれに、フォーカスを向けたものが

エネルギーを増大させて、

より力を付けていくという事が、

現実の世界でも起こっていきます。

 

 

平和な記録を集め続ける

人の元へは

同じ周波数の人々が集い

 

悲惨な記録を集め続ける

人の元へも

その人と同じ周波数の人々が集います。

 

周波数が同調して

共鳴するのです。

 

例えばモノで説明すると

携帯電話は、

ある周波数を飛ばして

ピンポイントでその電話番号を

持っている友人と繋がることが出来ます。

 

その周辺の友達や、

その友人の家族が持つ

別の携帯電話に

間違って繋がるなんてことは

万に一つも

ありませんよね。

 

その着信のあった携帯電話に

別の人が出るという事は考えられますが。。。()

 

 

つまり、

同じ周波数に共鳴して

受信する仕組みは、

物質レベルや、

製品レベルでも

既成の事実となって完成しています。

 

 

では、

同じベクトルに向かっているように

観えたこの両者。

「平和を望む人」と

「戦争に反対の人」とは

何が違うのでしょうか?

 

 

分かり易く言うと

「平和を望む人」は

アクセルを使っているのです。

 

「戦争を反対する人」は

 

抑止力と言う名のブレーキを

使っているのです。

 

 

このことから、

言葉の使い方である「言霊」や

ポジティヴ思考が

支持される基となっている

のは簡単に理解できると思います。

 

 

ただし、ここで一つ

大きな落とし穴があるのです。

 

 

現実的な問題として

ポジティヴシンキングに成ろうとして

なれない人の方が

多いですよね。。。。

 

何故でしょうか?

 

それは、

ポジティヴになろうとして、

ブレーキを掛けたまま

頑張ろうとしている事が多いのです。

 

動き出す前は、

アクセルよりブレーキの方が

強力です。

 

 

仮に、そのまま走り出せたとしても

ブレーキが掛ったままでは

車を例に出すまでもなく

壊れてしまいます。

 

身体も同じで、

壊れてしまいます。

 

アクセルを踏む前に

ブレーキを離す。

 

車の運転の基本中の

基本ですよね。

 

こんな基本を

心が簡単に出来ないのは、

そのブレーキが、

思い込みや、基本ソフトである

潜在意識に入ってしまっているから

なのです。

 

新しい物事に対して、

常に用心深く、負の側面から

観る様な習慣。

 

この固定概念や、

行き過ぎた思い込みを

はずして、

ブレーキを離さないと

走り出すのに大きな

負荷が掛かってしまいます。

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170426062002j:plain