読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 4-2. 1223

4-2.スタンドアロン

 

これを、視点を変えて

潜在意識側から観てみましょう

 

自分の一部である

愛しい赤ちゃんを

理性という衣を纏わせ

 

自分から分離させるのです。

 

分離させて手放すとはいえ

意識は、ずっと寄添っています。

 

そして、潜在意識の存在に

氣付けるように

理性の中に、

プログラムとして

イベントが発動するような

仕組みを組み込みます。

 

個になるという事は、

コンピューターで説明すると

ネットワークから切り離され

スタンドアロン

(他との接続を切り、単独で使用する事)

で稼働する事に似ています。

 

スマートフォンの「機内モード

を使用した経験がある人なら

分かると思うのですが、

 

ネットワークから切り離された

スマートフォンは、

通常の数%ほどの能力と

なってしまいます。

 

いくら優れた機能を持っている

スマートフォンでも

ネットワーク接続できないモノを

購入する人は、居ないのでは

ないでしょうか?

 

僕の学生時代には、

コンピューターが出来立ての頃で

LAN(ローカルエリアネットワーク

今のインターネットなどに繋がる

通信機能)も特殊なもので一般化

されていませんでした。

 

スタンドアローン

コンピューターもそれなりに

価値は有ったのですが、

今の様に、爆発的に発展したのは

インターネットを始めとする

ネットワーク接続ができる環境が

整備されたからだと

断言できます。

 

潜在意識側からすれば、

そのことに、氣付き

再び自分の意識に

接続される事を望んでいます。

 

ただ、時間の概念が無いので

早くとかの意識はなく

それまでは、スタンドアロンでの

経験を積み重ねて行くことに

なりますが。。。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20161223082149j:plain