読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 4-6. 170104

4-6. 心のポテンシャル

 

 

親から受け取る教えの多くは、

感情に対するブレーキ

となります。

 

赤ちゃんが、好奇心という

アクセルのみを常備して

産まれてくるのであれば、

 

親は、イノチを維持するために

必要なブレーキを教えます。

 

アクセルもブレーキも

走るためには、

必要で重要なものです。

 

ただ、そこで「歪」が生れるのも

確かなのです。

 

車をイメージしてみてください。

馬力の大きな車ほど、

強力なブレーキが必要です。

 

レーシングカーに、

チャリンコ(自転車)の

ブレーキをつけても

一瞬で燃え尽きてしまいます。

 

レーシングカーには、

レーシングカーに相応しい

優秀なブレーキシステムが必要になります。

 

怒るという感情で、

子にブレーキを教える場合

どうしても、行き過ぎた

感情を出してしまいがちになります。

 

 

それが、もっと行き過ぎた場合は

赤ちゃんを人間として

扱えなくなる場合もあります。

 

モノとして扱われた場合

受け取る側の子は、

どの様に受け取るでしょうか?

 

こんな感情を持ってしまった

自分はイケナイモノなのだ

 

そんな親の感情を受け止めた

子は、自分の感情自体を

イケナイモノとして

潜在意識に保存したり、

 

無かったことにして

蓋をして表面的には

忘れてしまうのです。

 

これらが、心のキズとなって

残っていってしまいます。

 

これは、親の理性が

親の感情をコントロール

出来なくなった

時に起こってしまいます。

 

 

モデリングされた

親からの教えは、

自分の理性に刻まれます。

 

自分の感情に対する

理性の振る舞いは、

 

自分に対する

親の言動に酷似している

はずなのです。

 

だから、親から酷く怒られたり

嫌われたと思うような

経験のある人は、

 

一度、自分の心を

再確認してください。

 

あなたの感情と

いう名のエンジンは、

 

凄く高出力で素晴らしい

性能を持っている

可能性があります。

 

親の理性を凌駕するほどの

ポテンシャル(潜在能力)

を持っているという事は、

 

強力なブレーキで封印

されている可能性が

あります。

 

そのエンジンを、

あなたがコントロールできるように

なるまでの封印です。

 

その出力を開放した時に

どんな事が起こるのか?

 

ワクワクしてきませんか?

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170104062024j:plain