読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 4-7. 170106

 

4-7.  基本アプリのインストール

 

そして、4~6歳の時期に

なりますと、

身体も赤ちゃんから、

幼児となってきます。

 

この時期は、

理性にインストールされた

OSオペレーティングシステム

は、ほぼ完成しています。

 

でもコンピューターが

OSだけでは、使えないように

基本的なプログラムを

追加する必要があります。

 

基本的な

アプリケーションソフト

(特定の目的のために使用される

ソフトウェア)をインストール

することで、

実際に自分で出来ることを

増やしていくのです。

 

絵や字を書いたり、

話したり、服を着替えたり。。。

 

簡単に言えば、

3歳までの期間は

「人にやって貰う喜びを、経験します。」

 

そして6歳までの期間に

「自分で出来る喜びを、体験します。」

 

この4~6歳の幼児期に

もう一つ大切な意識をインストール

することになるのです。

 

それは、何が出来るように

なったか。。。。

では、ありません。

 

自分で出来ると思える

自分への信頼感を育む事です。

 

その事が、出来ても出来なくても

いずれ出来るだろうと思える

心です。

 

これが、「あるがままの自分」

を受け容れることとなります。

 

よく似た表現で

「今のままの自分」というのが

ありますが、内容は全く違います。

 

そもそも幼児は、

今のままの自分で良い

なんて、考えもしていません。

 

親や、兄弟などを観て

アレもやりたい、

コレもやりたいと

やりたいことが溢れています。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170106063221j:plain