読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 5-3. 170131

5-3. エネルギーに満ち溢れた世界

 

これを、真摯に理解しようとすると

普通に頭で、考えるのはお勧めできません。

 

なんせ、顕在意識は全体の

たった5%で、

思い込みに縛られた

融通のきかないところで

彷徨っていることが

多いですから。。。。

 

顕在意識の枠で

理解しにくいのなら

 

思いっきり感じてみましょう。

 

そう潜在意識の方に委ねるのです。

 

感じる。。

 

理解はその後。。。。

という表現をすると

 

スピリチュアル系で

地に足が着いていない

考えの様に思われるかも

しれませんが

 

そこは、大丈夫。

世界中の賢い物理学者達が

そこの部分は、

考えて証明までしてくれています。()

 

物質は、完全に否定はされていませんが

 

その本質は、エネルギーであり

 

物質より、エネルギーを

優先して、まず感じてみましょう。

 

物質優先の考え方は、

ニュートン力学

枠に縛られた

偏った考えだったことが

観えてきます。

 

エネルギーに、

意識を向け。。。

 

ニュートン力学の外にも、

別の世界が、存在していて

其方の方が、

本体であると

意識して集中してみましょう。

 

 

まず、エネルギーの方に

フォーカスを向けることに

しますと。

 

そのままで、

エネルギーを感じさせるものは、

いっぱいありますね。

 

何といっても、

太陽は、エネルギーの塊です。

 

圧倒的な、光と

その温もりは、

エネルギーをダイレクトに

感じさせてくれます。

 

 

次に、温もりに注目すれば、

寒い日に、身体を温めてくれる

モノも、エネルギーだという事を

感じることが出来ますね。

 

ヒーターや、炬燵

エアコンにしてもその周辺を

温めるためのエネルギーを

放出してくれています。

 

普通は、電氣エネルギーなどを

熱エネルギーに変換して

身体を近づけると

そこが、温まるといった

仕組みになっていますね。

 

そうして、観ていくと

なにもエネルギーを

積極的に出しているモノ

だけでは、ありませんね。

 

毛布や、ヒートテック

代表される防寒用の下着などの

身を包むものは、

保温効果があります。

 

これらのモノは

外からの、寒さを防ぎ

人の身体から発する体温を

保存してくれます。

 

あっ、そういえば

忘れていました。

 

もっとも身近な

エネルギー体を

 

人の身体自体が

熱を発していますね。

 

血流が、身体の中を

駆け巡り、身体自身の

温度である

体温を調節してくれています。

 

何も、

温かいものだけが

エネルギーではありません。

 

今、手元にある

スマホを見てください。

 

どこから情報を

取り出しているのでしょうか?

 

ちゃんと、理屈があって

そこら中に、

広がるエネルギーの場から

自分に必要な、

波動エネルギーを受け取り

それを、

必要な信号だけ取り出して

翻訳してくれているのです。

 

平たく言うと

電波です。

 

電波は、電磁波の一種で

可視光線や、音も

電磁波の中に含まれます。

 

さぁ、

少しでも、あなたを取り巻く

エネルギーを感じる

事ができましたか。

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170131055250j:plain