読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 5-20. 170322

5-20.量子力学とは

 

 

大胆にも

量子力学の説明を

 

今の僕なりの解釈で

まとめてみます。

 

実は、驚くことに

多くの物理学者も、

量子力学を完全に

理解できている訳では

無いのです。

 

それでも、

多くの物理学者は

量子力学を信じています。

 

なぜその様な

不可解な事が

起こるのでしょうか?

 

 

それは、

ある量子力学の公式が

有ると考えてください。

 

その公式を使った

答えは、必ず合っていて

現実世界を正確に

予測できるのです。

 

ですが、この公式事態の

出所が曖昧で、

誰も説明できない。

と言うのが 僕の認識です。

 

 

その出生も、生い立ちも、

その性格すらも

捉えどころのない

量子ちゃん。

 

でも、この子の言う事は

全て正しく、

言う通りに、遣ってみれば

思い通りの結果が得られるのです。

 

現実に、テレビ、携帯電話、

コンピューター、

CATスキャン(CT検査装置)

レーザーや、宇宙船。。

 

いろんなモノが、

形になってきて

人の役に立っています。

 

 

どうですか?

この量子ちゃんを、

得体が知れないと

氣味悪がりますか?

 

それとも、

仲良くなりたいと

興味を持ちますか?

 

だいたい、

僕らが心配しなくても

量子ちゃんの生い立ちなどは、

まさにノーベル賞級の

立派な科学者が、

その聡明な頭脳をフル回転させて、

日夜、解明しようと励んでくれています。

 

その中には、

多くの日本の物理学者も

含まれています。

 

 

僕らは、この子に興味を持って

仲よくすれば良いと思いませんか?

 

 

ここから、難しくなってきます。

 

なので、分かり易さを優先させて

書いていくために、

矛盾をはらんでいたり、

細かな説明は省くことを

ご理解ください。

 

 

粒子は、原子より小さな存在で

物質の性質と、

波動の性質を併せ持っているのです。

コレを量子と呼びます。

 

併せ持つといっても、

同時にその状態で

いる訳ではありません。

 

波動とは物質が波の動きをする。

状態です。

 

物質そのものではありません。

 

不思議なことに、

この量子ちゃんは、

風の様に、状態だけの

時があります。

 

忍者みたいですね。

たぶん、これが出来ると

分身の術は、容易いハズ。。。。()

 

粒子ちゃんの、紹介がまだでしたね。

 

粒子は、現時点で

それ以上小さなモノはない、

粒の認識で良いかと思います。

 

この粒子ちゃんには、

仲間がいっぱい、います!

 

イメージし易いように

身近な粒子を書いておきます。

「光子」「電子」

見覚えも、聞き覚えも

有りますよね。

 

フォトンとか、

ニュートリノとか、

タウ粒子、ミュー粒子

などの見慣れない名前で

イメージしなくても良いのです。

 

少しでも、

量子ちゃんをイメージし易いように

物質の性質を5%、

波動の性質を95%

持っていると考えてみてください。

 

圧倒的に、波動エネルギーの方が

大きいのです。

 

人の身体も含めた

あらゆる物質も

突き詰めると同じ

波動エネルギーで出来ています。

 

 

そして、

量子ちゃんは、

自由空間に居る間は

二重性を持っています。

 

少し、理解しにくいかもしれませんが

Aであると同時に、Bでもあるのです。

 

分かり易い言葉に、

置き換えますと

「不確実性」あるいは

「可能性」です。

 

この量子ちゃんは、

空間も含めて

至る所に、存在しています。

 

つまり、

この世界は、

「可能性」に、

満ち溢れていると言えるのです。

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170322064750j:plain