読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 5-23. 170328

 

5-23. 身近にある量子

 

「手当て」というのは、

あなたの細胞レベルでは、

覚えています。

 

あなたは、

歯が痛い時はどうしてますか?

 

ホッペタに手をあてて

擦っていませんか

 

膝小僧を打った時に

どうしてますか?

 

膝に手をあてて

擦っているのでは

ないですか?

 

 

幼い子が

頭を打った時に

どうしますか?

 

その子の頭に

手をあてて

擦るのではないですか?

 

その行為自体に、

疑問は持ちませんよね。

 

その時に、

痛みが和らぐように

 

元に戻るように

 

意識を流せば

良いのです。

 

 

痛みも神経の中を

走る電氣信号です。

 

神経の働きは

患部の違和感を脳に伝える事。

 

手で擦れば、

ちゃんと伝わっている事で

和らぐのです。

 

 

これは、

痛みや違和感が有る時にだけ

通用するのではありません。

 

マイナスをゼロにする時だけ

では無く、

 

普段から、身体に意識を向けて

行うことで身体は活性化していきます。

 

 

ではまだ、

目に見える物しか

信じ難いという方は、

スマートフォンが、

なぜ動いているか

考えてみてください。

 

スマートフォンは、

空間にある情報から

リクエストされた情報を

取り出して

あなたが理解し易い形に

変換してくれているのです。

 

電氣自体は、

そのモノでなくても

見たことがありますよね?

 

空から大地に走るイナビカリは、

空中放電によってヒラメク

火花です。

 

冬の日などに、

金属に触れた時に

起こる静電氣も

同じですね。

 

 

 

非科学的なことは、

信じられないという方は、

量子論書物

紐解いてみてください。

 

量子の世界が理解できなくとも

量子は、既に利用されています。

 

身近な、製品に形を変えて

あなたの近くで、

動き続けてくれています。

 

光子も

身近に存在しています。

 

逆の観方をすれば、

量子が無ければ

この世界は成り立たないのです。

 

量子は特別なモノという

思い込みを外せば

積極的に、エネルギーとして

触れ合うことが

可能になります。

 

 

あなたが、少しでも量子の事に

興味を持って

好きになってくれたのなら

嬉しいのですが。。。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170328060015j:plain