読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 6-3. 170509

6-3. 鏡の法則

 

鏡の法則と言うのを

聞かれたことが有るでしょうか?

 

無意識でしている事や

当たり前と思い込んでいる事柄には、

実に怖い結果を 

もたらすことが含まれています。

 

でも、自分の顔は

鏡で見ないと分からない様に

 

自分の思い込みは、

他人の言動を通して

あなたに氣付きを与えてくれます。

 

 

例え話をしてみます。

 

こんな会社が有ったら

あなたは、どう思いますか?

 

社員をモノの様に扱い

1日 24時間

寝る時間も与えず

休みなく働かせる。

 

社員に

休日はありませんが、

社長は、暦通りに休みを取っています。

 

とうとう、社員の一人が

身体が動かなくなって

病院へ行きたいと言い出しました。

 

社長は、この時ばかりは

大変だと病院へ連れて行き

点滴や、投薬による

治療を受けさせました。

 

病院へ連れて行ってくれた

所までは良かったのですが、

 

日頃の働きに対する

感謝の言葉もなく。

身体が動かなくなるまで

働かせていたことに

氣付く訳もなく。。

 

病院から帰るなり

病院へ行っていた

時間の分の仕事まで

取り戻して働くように

指示しました。。。。

 

 

こんな話を聞いて

あなたは、どう感じましたか?

 

よくあるブラック企業にしても

寝る時間まで与えないのは

酷いと怒りが込み上げてきたでしょうか?

 

そんな、人を人とも思えぬ

扱いをする社長の存在に

哀しくなったでしょうか?

 

そんな会社はさっさと

辞めてしまえと思った方も

居られるかもしれませんね。

 

 

でも、よくよく考えてみてください。

 

無意識にですが、

自分の身体に対しては

非情なまでに、

同じことを強いている方が

とても多いのです。

 

寝る時に、身体全身がリラックス

出来ているでしょうか?

 

日々、文句も言わずに

動いてくれている

筋肉や、各臓器などに対して

 

少しでも、労ったり

感謝の氣持ちを送ったりしているでしょうか?

 

自分の身体だから、

当たり前なんて思っていませんか?

 

身体の各部は、

会社の様に辞めるわけにはいきませんよね。

 

指示が有れば、

その通りに動き続けてくれます。

 

なのに、動かなくなると

さも、その部位が悪いような氣持ちが

湧き上がったりしてしまうのです。

 

 

先に書きましたように

各細胞レベルでも知性は有ります。

 

あなたは、あなたの細胞が喜ぶような

事をしていますか?

 

いつも動いてくれる

身体に労りや、感謝の氣持ちを

持って接しているでしょうか?

 

そんな指令を出した覚えが無い。

なんて思っていませんか?

 

でも、コリや疲れなどの

違和感のある感覚は、

身体からの信号なのです。

 

特に筋肉などは、

手を当てて意識的に緩めるだけでも

効果は有ります。

 

基本的に自分で作ってしまった

病気や違和感は、

自分で取ることが出来ると

思っています。

 

あなたは、少なくともあなたの

身体に対しては被害者では無く

加害者となる可能性が大きいと

言う事を考慮してみてくださいね。

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170509054224j:plain