読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 5-8. 170211

5-8. エネルギー場を意識する

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170211093836j:plain

 

音源が、一点だとすれば

音の波動エネルギーは球状に

広がっていきます。

 

それが、部屋の中だとすれば

多くの波動エネルギーは

壁や床、天井、家具などに

弾かれて方向を変えることに

なります。

 

音の波は、部屋中に広がりをみせて、

 

そして、障害物により内側に戻り

お互いに干渉したりもします。

 

ここに、ほかの波動エネルギー

も意識に加えると

可視光のエネルギー

匂いのエネルギー

そして、スマートフォン

始めとする電波のエネルギー

なども入ってきます。

 

間違えの無いように

言っておきますと

私の家は、CATVだからテレビ放送の

電波は来ていない

などと思うと大きな間違いです。()

 

電波の受信機が、必要無いだけで

大概の家には、テレビ放送の電波も

来ています。

 

勿論、ラジオ放送の電波も。。。。。

 

スカイツリーの様な電波塔が

なぜ、必要か考えてみてくださいね。()

 

 

ニュートリノという

素粒子たちも、いろんな物を

突き抜けて来ています。

 

つまり、限られた部屋の中でも

エネルギーが充満していて

受信できる機能があれば

取り出せる訳なのです。

 

意識を向けるという事は、

その対象のエネルギーを感じる

ことから始まります。

 

学校の先生で、

黒板に字を書きながらでも、

生徒を名指しで

注意する先生は、

居ませんでしたか?

 

時には、チョークが飛んできたりして。。。

 

その先生は、

教室全体に意識を向けていたのです。

 

だから、目で見ずとも

いろんな情報で、

教室の状態が分かっているのですね。

 

バスケットボールで、

ノールックパスと言うのが

あります。

 

パスする味方に、

顔も向けずに正確なパスを

出すのですが、

 

そういうことが、出来る選手も

コート全体に意識が向いている訳です。

 

少し前の、視覚情報から

味方や敵側の全選手の位置をイメージして

音や、その他の情報によって

今の状態を、正確に把握しているのです。

 

意識には、限りが有りません

その空間全体に向けることが

可能です。

 

情報のエネルギーは

その空間に溢れています。

 

あなたの今いる空間を

エネルギーの場として

意識してみてください。