読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 3-10. 1209

だから、

荷物を持っている事に氣付くのは、

躓いて転んだ時などに

なってしまいます。

 

 

躓いて転びそうになったとき、

両手が、荷物を放して

あなたの身体を庇う様に

 

理性も心の荷物を手放して

あなたの心を庇おうとします。

 

だから荷物を心から

手放さない限り、

なんども躓くような

シチュエーションが

現実化されてしまいます。

 

これを、逆の視点で観てみると

転んだ時が、チャンスなのです。

手放せた荷物が

いかに重たかったか

いかに身体に負荷をかけていたかを

氣付くことが出来ます。

 

 

転倒する時

立上ろうとする時

 

意識は、荷物を手放しています。

 

 

往々にして、

立ってすぐに荷物を探して

拾い集めたりしてしまう

人がいますが。。。

 

その前に、手が解放された時の

心地よさに

f:id:umemoto26satoshi159:20161209064246j:plain

氣付ければ

 

いかに、余計な荷物が

邪魔になっていたかが分かります。

 

わざわざ、心の手に持たなくても

潜在意識が「任せろ!」って

言ってくれてますよ。

 

潜在意識を、信頼できれば

必要な時に必ず情報倉庫から

出して意識に上らせてくれます。

 

あなたの心の荷物は

あなたの潜在意識に安心して、

任せておきましょう。