読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 5-16. 170311

5-16. 心にこそエネルギーは必要

 

細胞にあるレセプター君には、

環境からの刺激に対する

基本的な反応が

 

2つ あります。

 

自分を成長させるために

栄養分などを探すとき

 

向かっていく「開いた」

状態と、

 

脅威が迫ってくるときに

離れるという「閉じた」

状態です。

閉じた状態の時には、

防衛反応が現れた

状態となってます。

 

僕たち人間も

進化しているとはいえ

基本的な反応は同じです。

 

喜びの反応と、

迫りくる恐怖などの

脅威への反応です。

 

 

そして、

上を向きながら、

下を見られないように

「開いた」状態と「閉じた」

状態を同時に発動する事は

出来ません。

 

 

もし、ライオンなどの

肉食獣に追いかけられる

様な事態になった時に。。。。

 

イメージしにくい方は、

眼がいっちゃってる犬に

追いかけられるイメージでも

構いません。。()

 

自分の持つ全力で

闘争するか逃走するか

に力を傾ける事でしょう。。

 

そんな時に、

近くに美味しいものが

見つかったからって

 

捕りに行く人は、

居ませんよね。。?

 

つまり生命を維持する為には

「閉じた」状態の方が

優先なのです。

 

 

「閉じた」状態の時には、

心にエネルギーも入ってきません。

 

 

人間は、生き物として

身体への栄養が必要ですが、

 

同じように心にも

栄養となるエネルギーが

必要になっています。

 

今までの時代を

振り返って観てみますと、

身体へのエネルギーを

手に入れるために

 

食べ物を探したり

食べたりする時に

心のレセプター君は、

自然に「開いた」状態に

なっていました。

 

それは、戦争の時代や

争いの絶えない時代であっても

同じです。

 

いわば、身体へのエネルギー補給と

心へのエネルギー補給が

できる「開いた」状態が連動

していた訳です。

 

 

ですが、冷蔵庫を始めとする

技術などの進歩。

コンビニなどの整備により

24時間いつでも食べ物を

入手できる安心感

もあり

 

現代の日本などでは、

 

半自動的に、

食べ物を得ることが

出来るようになりました。

 

このことは、

心のレセプター君を

一日中「閉じた」ままでも

 

少なくとも、身体に対する

補給が出来るという

時代になっています。

 

物質としては、

生きていけるというレベルです。

 

 

これは、量子力学など

エネルギーを主体と捉えた

観点からすると

非常に怖い状態なのです!

 

 

心を「閉じた」まま、

生きていけるので

 

心のエネルギーが循環しません。

 

心が澱み

心が歪んでくる病気が

後を絶たなくなってきます。

 

マインドフルネス。

今の状態を感じて

自分の心を満たしきる

といった事を考えてみると

 

殆どの時代や、地域では

自然に、当たり前に出来ていた

事なのではないでしょうか?

 

今の時代だからこそ、

心のレセプターが

「開いた」状態を意識的にする

必要が有ると思います。

 

意識的に「開いた」状態に

しないと「閉じた」ままで

過ごすことが出来てしまいます。

 

まず、自分の事を

物質だけの存在だという

考えがあれば

改めてみてください。

 

殻に閉じこもらずに

レセプター君を

開放して

今を、十分に感じて

楽しんでみてください。

 

逆に考えると、今の日本では

一日中、心のレセプター君を

「開いた」状態でも十分過ぎるほど

安全や、安心は確保されている

のですから。

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170311071823j:plain