読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間道楽』 5-29. 170415

5-29. 半導体とは

 

眠たいお話の続きです。

半導体は、

電子頭脳の基となっています。

 

どの様に使われているか

簡単に ご説明させていただきます。

 

 

半導体は、

導通している状態と

絶縁している状態の

 

2つの状態が作れるわけです。

 

電氣を流している状態と

電氣を遮断している状態ですね。

 

つまり、開いた状態と

閉じた状態の2種類です。

 

その状態を、人が分かり易いように

 

「0」   と「1」として表しています。

これが一つで1bit(ビット)

二つで2bit

 

だから2bit

00」「01」「10」「11

4通り

 

32bitコンピューターでは

2を32回 かけますから。。。

4,294,967,296通り

 

で、「,」が右からK(キロ)

M(メガ)、G(ギガ)となるから

約4G通りとなるのですね~。

 

  これで2進数の頭脳の

出来上がりという訳なのです。

 

そうです、

コンピューターの頭脳は、

「オープン」か「クローズ」か

だけで、出来ている単純で

分かり易いツクリなのです。

 

量子ちゃんの、

導く通りに作り込まれた

コンピューターは

思った以上に簡単でしょ。()

 

量子ちゃんエライ!

量子ちゃんヤッタ~!!

 

とは言え

まだ一般化されていませんが

量子コンピューターというのは

この1bitが2通りではなく

複数の状態を作り出せる

 

とんでもない代物です。

 

まぁ、このお話は置いといて~。。。。。

 

 

ここで、思い出していただきたいのが

人の心も、

開いた状態と、閉じた状態が

意識的に、つくれるという事です。

 

そして、人も突き詰めていくと

量子によって作られています。

 

 

心の眼を開く

というのは、

出来ない人にとっては

凄く難しいことの様に

感じるかもしれません。

 

でも、出来るんです。

自分を受容して

エネルギーを取り込んで

今を感じる。

 

そうすれば、

観える世界観は変わってきます。

 

 

 

f:id:umemoto26satoshi159:20170415072238j:plain